2007年07月26日

チョーパン ソウル セッションズ

今日は朝からオモロニュース
飛び込んできましたねー。

hotei01.jpg

そういえばHOTEIって98年の豊洲
フジロックで観た記憶があります、
なんか謙虚にやってたような。

hotei02.jpg

まぁ今回も、お相手が「マッチだ」だけに
「火遊びがすぎちゃいました」ってか〜?

ではフジロックに行ってきまーす。


今日の「Be My Baby」/


今日の一曲/町田町蔵+北澤組「六尺八寸様」


posted by pandagonia at 12:18| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

転倒無視の産婆

フジロック07用の新しいテントが到着しました。

tent.jpg

思い返しますと初年度は借り物の寝袋のみ、
次に小型テントを数年使ってるうちに壊れ、
その後巨大テント隆盛の時代を迎えまして、
今こうしてほどよい5人サイズに落ち着いた
という「小→大→中」的な流れっちゅうか
変遷は、“なにか”を象徴しているような
気がいたします。


今年の目標/チキンカレー、最低10杯は食う
今日の一曲/マドンナ「チェリッシュ」
posted by pandagonia at 16:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

詩学は詩の屍体解剖である

なんだか、まだまだ天気がむずむずと、
しかも蒸すから、うんざりしますね。

こんなご時世に、ただ梅雨明けを座して待つとか
お気楽に梅雨明けを祈るようでは、もはや生きて
いかれない。したたかに攻めの姿勢をとり、いつ
何時自分に降りかかるかもしれない理不尽な災難
にも、受けて立ちますけんの構えが必要ですたい。

ということで、かわいいポンチョを買いました。
これでフジで雨が降ろうとも大丈夫、でありたい。

大体、雨具にしろ防寒具にしろ防災グッズにしろ、
そーゆーの充実させるほどに、むしろ多少は雨に
降られたい、寒波に襲われたい、防災グッズを
思いっきり活用してみたい的な気がしなくもない。

そうなると本末転倒ではありますが、それも人情
かと思いますし、そんな調子付いた心持ちあらば、
それこそが心の余裕かもしれない、ああそうだ、
何事にもそのように、事態をひっくり返されて
しまうことさえ望んでいるくらいの威勢っちゅう
もんがいつでも必要だ。

などと自分を調子に乗せたところで昨日、期日前
投票に向かったのですが、市役所が遠いもんで、
久々に原付にまたがったところ、ヘルメットが
頭に入らんとです。

太ったっちゅうかむくんだっちゅうか、そんな
事態にすぐさまへこまされて、夏(じっとり汗)。


今日の一言/ガラガラの期日前投票の会場には、無能な
         公務員が大勢、「居る」だけだった。
         あれほどの無駄、最近見たことなかった。
         投票後、長机に座ってるジジイ公務員に
         言われた「ご苦労様でした」に、思わず
         至上最強に情けない屁が漏れた。

今日の一曲/DE DE MOUSE「EAST END GIRL」



posted by pandagonia at 01:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

絶望は虚妄だ、希望がそうであるように

フジロックだなんだで期日前投票へ行くとなると、
タイミング的にゃあ今週末になりますよねぇ。

しかし冷静に候補者を吟味して、極めてクールに
判断しようとしたところで、ドクター中松先生か
黒川紀章くらいしか、もはや選択肢はなくて。
こら、すずかんレボリューションに投票する奴、
出て来い!説教してやる!

なんだかもう、選挙日程の延期と称して、7/29二
近所二投票二行けぬ条件二勝手二制限された上二、
かなり遠くまで期日前投票二行くよう二強いられた
時点で、何だかうんざりっす二。

小市民として、ただ世界平和を願うだけなの二…

teens.jpg

今日の一言/私の血便は潰瘍性大腸炎ではないかと怖れている
今日の一曲/Perfume「スウィートドーナッツ」
         ↑ブルーハーツ的。あ!Perfumeの3人、広島出身だ…

posted by pandagonia at 02:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

世は定めなきこそいみじけれ

今朝の地下鉄、完全なおじいちゃんが
少年サンデーを超フツーに読んでいて
びっくりした。

老眼鏡をかけて読んでおられ、しかも
読むスピードが絶妙に遅い、のがまた
リアルである。

このところ、朝の高円寺駅ホームで
透明なリキッドゲロを泉湧き出るかの
ごとく吐くんだけれども一切気にする
ことなくベンチに姿勢良く座ったまま
ザブザブ嘔吐するサラリーマンとか…

休日の昼間の吉祥寺で、おそらく薬物で
ラリっておられるのであろうオッサンが、
超かわいいトイプードルを散歩させつつ
私の横を通り過ぎるか過ぎないかの刹那、
腹から取り出したる拳銃で、道の向こう
めがけて構え、意味不明言語を叫んだり
「ブッ殺す!」と叫んだりしている。

それは空砲を連射するモデルガンだったの
だが、その標的はこちらに向けて徐行して
来るミニパトだった。ただならぬ雰囲気を
醸しまくるラリったオッサンの連れている
トイプードルは、紐につながれたまま道路
の中央で失禁してしまった。

近づくミニパト、オッサンを捕まえるのか
と思いきや、婦人警官3人は車内でやべえ
やべえと笑いながら、オッサンの攻撃を
受けつつ、そのまま素通りしてしまった。

とかね。

変な光景をよく見かけるから日々楽しい。

joe01.jpg

joe02.jpg

joe03.jpg

joe04.jpg

joe05.jpg

今日の一言/ジョー君(上記参照)で遊ぶのが楽しすぎる
今日の一曲/ハルカリ「Doo The HAMMER!!」
posted by pandagonia at 00:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

シリーズ ザ・人の会話 〜その1〜

生活の中、自然と聞こえてくる「人の会話」は、
オチも何もなくさりげないほどに心が和みます。

私が耳にした、特に面白くもない心和める会話を、
折をみてご紹介して参りたいと思います。

---------------------------------------------------

お昼にちらし丼を食べていた時。

板前A:あれ?○○ちゃん(女店員)て、いつもメガネだっけ?
女店員:あ、はい。

板前A:あれ?そうだっけ?いつもメガネかけてたっけ?
女店員:あ、はい、いつもメガネです。

板前A:あれぇ?なんかメガネじゃないイメージがあるけどな。
女店員:え、そうですか、いつもメガネです…すいません。

板前A:あ、わかった、今日はフレームが違うんだ。
女店員:え、いえ、メガネはこれしか持ってないので…。

板前A:あれ?そうなの?フレームが違うと思ったんだけどな。
女店員:あ、いえ、フレームもずっと一緒です…すいません。

板前A:そうか、あれ?メガネかけてない日ってなかったっけ?
女店員:いえ、ずっとメガネですけど…。

板前A:なんか、メガネかけてるイメージなかったんだけどな。
女店員:そうですか…すいません。

板前A:あれ?今までずっとそのメガネかけてたんだっけ?
女店員:ええ…すいません。


女店員はいったいどんなキャラなんだろうと思って見てみると、
ちびまる子ちゃんでいうところの「たまちゃん」そっくりな、
ド真ん中の丸めがねキャラでありました。

で、別にギャグとか、からかうとかいう側面はゼロな会話
だっただけに心和みました。しかし何なんだこの会話。

実はこの板さん、板前さん同士の会話も続きます。
まずはこの板さんと同僚Bの会話です。

板前A:なんか行ってきたらしいじゃん、どうだったの静岡。
同僚B:いやー最高だね、やっぱ漁に出れるってのがね。


どうやら同僚Bは、知り合いだか友人だかの静岡の寿司屋を
訪ねたらしく、朝から漁に出ていいネタ仕入れたり、店は
店でいい感じだし、そんな楽しい生活で、そこそこ稼ぎも
悪くない、静岡で暮らすのもいいな、的なお話でした。

で、その同僚Bが休憩なのか、姿を消した後に後輩Cが来ます。

ちなみにこのお店では、従業員は皆さん、名札をしていて、
出身地と趣味もそこに書かれています。趣味はそれぞれ
A:スキー、B:さんぽ、C:犬の散歩 でした。

板前A:聞いた?あいつ(同僚B)の静岡の話。
後輩C:あ、なんか、すごいよかったらしいっすね。

板前A:静岡の田舎でさ、そーゆー暮らしも悪くないよな。
後輩C:いいっすよね。

板前A:お前、前、田舎で暮らしたいって言ってなかったっけ。
後輩C:はい、俺、東京ってなじめないんすよ。

板前A:あー、じゃ静岡とかまさにいいんじゃない。
後輩C:そーっすよね、いいすねえ。

板前A:あんな生活してさ、ゲタナラはもらえるらしいよ。
後輩C:えー、まじっすか!田舎でゲタナラあれば十分ですよ。

板前A:な、確かゲタナラからゲタメは出るっつってたぞ。
後輩C:まじすか、田舎でゲタナラもらえればね、問題ないす。

板前A:だよなぁ、十分だよなあ。
後輩C:あー、まじ、いーなー。


ゲタナラはゲタ並び、すなわち33、ゲタメはゲタ+メの字、で
35と想像します。つまり、静岡の豊かなる海の恩恵を受けつつ
寿司職人として生活できて、月給33〜35万が保障されていると
いうことだと思われます。

そういう条件なら「アリ」と判断されるんだなぁ、へー、と
心静かにちらし丼を食べました。


本日の一言/ダンボール肉まん!
本日の一曲/安室奈美恵「Baby Don't Cry」
posted by pandagonia at 16:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

東京トイレマップ

何があったか知らないが、まったく覚えてないから
何とも言いようがないけれど、昨夜怒ってたみたいだ。

mystery.jpg


何が言いたいか/iPodのモニター、あるいはケータイをいじり
ながらチンタラと駅の階段をおりるヤツは全員、死んでしまえ
今日の一曲/セルジュゲンズブール「海、セックスそして太陽」
posted by pandagonia at 03:05| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

Roland EDIROL R-09 激欲シス

とある朝、私は山下公園のベンチにゆるり
腰掛け、缶ビールを飲んでおりました。

激二日酔いの状態で、海風にさらされ陽光に
照らされながら、缶ビールを飲んでおりました。

遠のきそうな意識、閉じてしまいそうなまぶた。
そんなとろけた朝に、中也の詩が現実になった。


  「宿酔」

   朝、鈍い日が照つてて 
      風がある。
   千の天使が
      記念撮影する。

  pause.jpg
  ↑※天使たちのシーン

   私は目をつむる、
      たのしい酔ひだ。
   もう不用だったはずのポーズが
      きらきら輝いてゐる。

   朝、鈍い日が照つてて 
      風がある。
   千の天使が
      記念撮影する。


今日の一言/中国人の記念撮影に乾杯
今日の一曲/Songs from the Street 35 Years of Music
         「Somebody Come And Play」-The Kids
posted by pandagonia at 02:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。