2008年03月08日

無意識過剰

混雑した電車に乗ってて、降りようとして
「すみません降ります」と言ってるのに、
ホームからズイズイ車内に乗り込んでくる
阿呆どもがたくさんいる。

明らかに降りるほうが先だと思うのですが、
降りようとする私をはね返して乗り込んで
くる阿呆が絶対いて、堪らない。降りようと
してる駅で降りれんことありますからね。

もうこげな人生を、降りたいすわ。

そんな苦痛を紛らわすために、電車ではいつも
本を読むことにしていて、今日は特にケンさん
「夜のエアポケット」で、めくってるページの
ささやかなキャプション程度なんですけど、
個人的にものすごくツボな話がありまして、
せっかくですから引用させていただきます。

---
●高校時代、東横線でのエピソード。祐天寺から渋谷
に行く途中の車内で、突然、あるイメージがパッと
浮かんで、その車両は古い5000系(いもむし風)
だったんです が、その5000系車両の車内に、大昔の
中華料理店の店内がダブって見えたもので、友達に
「この電車、なんか中華料理屋みたいだな」って
云ったら、前に座ってベレー帽を被ったメガネの
おじさんが「君、今、この電車が中華料理屋みたい
だって云ったよね! もう少し詳しく教えてくれないかな」
って云いました。よく見たらなんと手塚治虫さんでした!
で、こっちは緊張しちゃって「いや、別になんでもないんです」
って云ってしまったんですが、忘れもしない1977年の
夏の出来事でした。
---

オモロい話だな〜。

で、そんな感じで帰宅したら「空耳アワード」とかが
ちょうど始まってて、飲んで、ちょうどいい感じの
心持ちを取り戻した気になって、特に日常変化なし。


今日の小遣い帳/
白丸ランチ(替玉) 1,000円
食材費 1,409円
トイレットペーパー 538円
発泡酒 1,025円
-----------------------------
計 3,972円

今日の一曲/吉田美奈子「ろっか・ばい・まい・べいびい」




posted by pandagonia at 02:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。